ホーム

東京工業大学 情報理工学院 サポーターズ制度 は、

高度情報理工学人材育成事業にご賛同くださる企業様よりご支援を賜り、
情報理工学院サポーターズ企業として本学院と連携し高度情報理工学人材育成に携わっていただく制度です。

東京工業大学 情報理工学院 サポーターズ制度 は、

 高度情報理工学人材育成事業にご賛同くださる企業様よりご支援を賜り、
「情報理工学院サポーターズ企業」として本学院と連携し高度情報理工学人材育成に携わっていただく制度です。

学院長 挨拶

yokota

東京工業大学情報理工学院長・教授

横田 治夫

数多の産業において情報技術が欠くことのできない基盤となり、高度な情報技術を身に付けた人材が求められる中、情報理工学の素養を活かして社会的課題解決や新産業創出に貢献できる人材を育成することを目的に、東京工業大学情報理工学院は「高度情報理工学人材育成事業」立ち上げました。

様々な業種の企業と情報理工学院が密に連携して、種々のプログラムを企画、運営していくことにより、高度な情報技術を有した実社会のリーダーとなる人材の養成を目指します。例えば、現実の社会的課題の解決を対象とする授業、多様なインターンシップ、キャリアフォーラムといった教育プログラムを通して、情報理工学院の教員・学生と企業の研究担当者、事業担当者をつなぎ、人材育成を行っていきたいと考えています。

ご賛同を頂ける企業の皆様からのご連絡をお待ちしております。

副学院長 挨拶

東京工業大学情報理工学院 副学院長・教授

三宅 美博

人工知能やデータサイエンスなど先端情報技術(先端IT)が飛躍的に進歩したことで、その技術を活用できる産業領域が急速に広がり続けています。そして、先端ITを研究し、使いこなせる人材の育成に向けての早急な取り組みが求められています。

このような社会的背景の中で、東京工業大学情報理工学院では産業界との連携のもと、「高度情報理工学人材育成事業」をスタートさせました。そして、ご賛同いただける企業等と協力して、社会的課題解決に貢献できる先端IT人材の育成を強力に推進します。

東工大らしい人材育成プログラムの導入によって、データサイエンスや人工知能などの先端ITにおいて、学生だけではなく、今後、重要性が高まってくるリカレント教育にも取り組んでまいります。

皆様のご参加とご提案をお待ちしております。